深黒タオル(旭紡績株式会社)
深黒タオル(旭紡績株式会社)
深黒タオル(旭紡績株式会社)
深黒タオル(旭紡績株式会社)
深黒タオル(旭紡績株式会社)深黒タオル(旭紡績株式会社)深黒タオル(旭紡績株式会社)深黒タオル(旭紡績株式会社)

「究極の黒」を実現した高級タオル

深黒タオル

旭紡績株式会社

泉州高級タオル紡績会社の自信作

タオルはシンプルな製品だけに、原料と糸の良さがダイレクトに伝わります。泉州に工場を構える旭紡績は、糸作りのプロとしてとことん黒さにこだわったタオルを開発しました。黒さを最大限に引き出すために綿の選定から染め方に至るまで工夫が施されています。また日本各地のタオルメーカーに糸を提供する紡績会社の自信作だけに、硬派な色のイメージからは想像がつかないほどの吸水力も注目すべきポイント。さらに耐久性 や耐光性にも優れており、日本タオル検査協会の検査結果でも高評価を得ています。「泉州タオル」という一大ブランドを最大限に活かしたこの製品は、タオル売り場はもちろんのこと、アパレル・セレクトショップをはじめ、リビング雑貨店などでのパーソナルギフトとしてのラインナップにもぴったりです。従来のタオルには極めて稀な、真っ黒のタオルは売り場でのアピール力も抜群です。

深黒タオル(旭紡績株式会社)

「究極の黒」を実現するためのこだわり

この「深黒タオル」の一番のポイントは何と言ってもこの黒さでしょう。「世界で一番の黒さ」を目指しているだけに、並々ならない工夫が施されています。黒さの追求はまず綿選びから始まります。世界で最も繊維の太いアスペロ綿と、次いで繊維の太いタンギス綿を3:7で配合した綿は他のタオル用の綿よりしっかりと黒く染まります。さらに、しなやかで毛羽落ちの少ない繊維加工技術「コンパクトサイロスパン」を用いることで色褪せず艶のある黒を表現できます。そして染め付けは京都の黒紋付染めに依頼。絹ではなく綿を染め付けできる業者は限られているため、黒をより一層黒くする「深黒加工」という独自の染色技法を持つ業者を選定しました。パッケージも黒で作り込むという徹底ぶりで、洗練されたロゴの紅い差し色が漆黒に映えます。色落ちの味わいではなく「持続する黒」を楽しめる究極の黒タオルです。一度に染められる量が少なく、手作業の工程が多いため従来の高級タオルよりもさらに高価ですが、その黒さと肌触りは、どんな方でも必ずや唸らせることでしょう。

深黒タオル(旭紡績株式会社)
深黒タオル(旭紡績株式会社) - 「人に自慢したくなるようなタオルを目指している」という工場長の久山さん。「深黒タオル」はセレクトショップなどでも好評を得ています。
「人に自慢したくなるようなタオルを目指している」という工場長の久山さん。

ターゲット

価格帯:
高級
年齢層:
30~40代以上(男性)
20代後半~30代前半(女性)
シーン:
プレゼント用、自分へのご褒美
印 象:
高級そう、他にはない

商品情報

深黒タオル バスタオル×1(12,000円)
+フェイスタオル×1(3,500円)

15,500円(税別)

フェイスタオル×2

7,000円(税別)

旭紡績株式会社

〒590-0521
大阪府泉南市樽井4丁目1番53号

TEL :072-483-4081
URL :http://www.asahibo.co.jp/